Home > twitter > Twitter @Anywhere はAPI制限に注意

Twitter @Anywhere はAPI制限に注意

この記事の所要時間: 214

先日Twitterが公開した@Anywhere。Twitterの機能を手軽に自分のサイトに組み込めるとあって早速試してみました。

follow okに設置

いくつか提供されている機能のうち、一番気になったのはフォローボタン。これを設置すると自分のサイトにフォローするボタンが利用できます。

これは良い、ということで、早速follow okに設置してみました。

検索結果のユーザ一覧にフォローボタンを設置したところ、ほんと簡単にサイト上からフォローができるようになりました。

いやあこれは便利と思ってしばらく使ってみるとフォローボタンが not found という表示に。。。

Firebugで見てみると

何が起こったかとFirebugで見てみると見事に真っ赤っか。というかボタン表示の度にTwitter APIを呼びに行っている。。。

レスポンスを見るとエラーメッセージに「Rate limit exceeded. Clients may not make more than 150 requests per hour」が返ってきています。

これは Twitter APIの呼び出し制限で、1 クライアントIP あたり 150/h 以上の API が実行できないようになっています。(申請により拡張可能。OAuth認証済みは別。また、APIによって制限の有り無しがある。詳しくはこちら。)

API制限に引っかかると他サイトの@Anywhereフォローボタンも同じように制限を受けるので「not found」となりました。

ちなみにAPI制限を受けているPCのグローバルIPを変える(emobileで繋いだ)とフォローボタンが表示されました。

@AnywhereフォローボタンはAPIを叩いてる

これを見るとおそらく@Anywhereは、Twitter APIを叩くJavaScriptライブラリということなのでしょう。よって通常の API 制限と同じ制限がかかります。

特にフォローボタンは表示だけで Twitter APIを呼んでしまうので注意が必要です。

blogに一つフォローボタンを置くぐらいなら問題にはならないでしょう。あくまでクライアント環境からのAPI通信なので、150/h を超えることは少ないかもしれません。

ただ follow ok でやったように 1 ページに多数のフォローボタンを置くようなことをやるとページを閲覧しているだけでAPI制限にかかってしまうので、サイト管理者としてはむやみに置かない方が良いでしょう。

Pocket

follow us in feedly

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2010/04/twitter_anywhere_api_rate_limit.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Twitter @Anywhere はAPI制限に注意 from Shin x blog
pingback from 2010/04/22に気になったこと | debeso 10-04-23 (金) 0:07

[…] Twitter @Anywhere はAPI制限に注意 | Shin x blog @anywareもAPI制限対象なので気をつける […]

Home > twitter > Twitter @Anywhere はAPI制限に注意

検索
フィード
メタ情報

Return to page top