Home > CakePHP | PHP > CakePHP 1.2beta対応-CakeInfo-0.1.2リリース

CakePHP 1.2beta対応-CakeInfo-0.1.2リリース

この記事の所要時間: 116

CakePHPアプリケーションの内容をphpinfo()風に見せるCakeInfoをCakePHP1.2-betaに対応しました。

OpenFLPを表示するとこんな感じです。

主な変更点は以下です。

  • CakePHP1.2-beta対応
  • Controllerにaction_methodを追加

今回追加したControllerのaction_methodでは外部からアクションメソッドとして呼べるメソッドを表示しています。これを見ると公開するつもりの無いメソッドが公開されていないかを確認できるので、自作のCakeアプリにて試してみてください。

設置

設置方法は簡単です。
まず[http://www.1×1.jp/blog/download/cakeinfo-0.1.2.zip]からzipファイルをダウンロードします。
あとはダウンロードしたzipファイルを展開し、[cakeinfo.php][logo-mini.gif]を[app/webroot/]に設置するだけです。

設定

現在のところ設定項目は[DATABASE_CONFIG_FLAG]一つだけです。

  • DATABASE_CONFIG_FLAG
    この定数が設定されていればDatabase項目が表示されます。(デフォルトはコメントアウト)

自作のアプリ以外にも、オープンソースで公開されているシステムの解析(の取っかかり)にも使えますね。お試し下さいませ:-D

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):1

konpai 10-05-01 (土) 22:28

はじめておじゃまします。CakePHP入門以来ずっとCakeInfoのお世話になっている者です。

ここしばらく制作しているサイトを先ほどCake1.2から1.3に切り替えたのですが、その際にCakeInfoがらみでエラーが発生したのでお知らせにきました。

エラーの内容は「Undefined property: Configure::$viewPaths [APP/(中略)/cake_info.php, line 195」となっていたので調べてみたところ、下記のページが見つかりました。
http://groups.google.co.jp/group/cake-php/browse_thread/thread/0c6ae377005133b1

「Configure no longer holds path information in 1.3. You should use App::path(‘views’) instead.」だそうで、CakeInfoでいえば該当行の

foreach ($this->conf->viewPaths as $dirPath) {

を、ごく単純に

$viewPaths = App::path(‘views’); foreach ($viewPaths as $dirPath) {

と書き換えることでちゃんと動くようになりました。
取り急ぎお知らせまで。

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2008/05/cakephp_cakeinfo_012.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
CakePHP 1.2beta対応-CakeInfo-0.1.2リリース from Shin x blog
pingback from CakeInfo for CakePHP 2.3.x | Carpe Diem 13-05-17 (金) 0:28

[…] 最近、とある案件で CakePHP を使っていますが、CakePHP 1.2beta対応-CakeInfo-0.1.2リリース – Shin x blog という phpinfo() ライクな cakeinfo() が便利そうだったので、CakePHP 2.3 で動作するように改 […]

Home > CakePHP | PHP > CakePHP 1.2beta対応-CakeInfo-0.1.2リリース

検索
フィード
メタ情報

Return to page top