Home > twitter | Webサービス > [Twitter検索] public_timeline APIの仕様が変わっている件

[Twitter検索] public_timeline APIの仕様が変わっている件

この記事の所要時間: 229

8/7の10:00頃からTwitterのpublic_timeline APIの仕様が変わったようです。

この影響を受けてTwitter検索にてアイコン表示・ユーザIDが表示できない状況です。

出力項目を削減?

実はこれまでも突然APIの出力が変わり、データが取得できない事が何度かありました。そういった場合、APIの仕様変更の場合もあるのですが、そのほとんどはメンテナンス等(?)で出力されるデータが壊れていたり、APIが正常に動作していないことがほとんどでした。

そういったケースでは数時間様子を見ていると回復していたので、今回も静観していたのですが、1 日様子を見たところでも変化はなく、仕様変更と見るのが良いかもしれません。

現在データとして取れなくなったのは、↓です。

  • screen_name – ユーザID?コード? (twitter.com/shin1x1 の shin1x1 の部分です)
  • location
  • profile_image_url – アイコンURL

と、ここまで書いたところで調べていると、上記のデータは復活したようです。ここを見るとチケットが上がっていたようで、復活したようです。

キャッシュの強化?

さてこれで一安心と思いきや、そうでも無くて、これよりも大きな影響があるのが、キャッシュが強化されてそうなことです。

以前からpublic_timeline APIにはキャッシュが適用され、全てのPostを取得するのが難しい状況になっていました。

今回の変更以降ではこのキャッシュがさらに強化(されたのか、適用が甘かったのを厳密に適用するようになったか分かりませんが。。。)したようで、1分あたり40件程度のPostしか収集できなくなっています。

それも時間帯も決まっていて、N分15秒~N分30秒に投稿されたもののみが出力されています。(毎分15秒あたりにキャッシュ再生成?)

実際に取得できているPost量にも大きく違いがあり、8/6(変更前)と8/7(変更後)を比べると、Post量が1/3程度になっていました。(Twitter検索のトップを見ると、各Postが見事にN分15秒~N分30秒になっています;-))

できれば、くまなく検索対象としたいところですが、こういった状況なのでかなり取りこぼしが発生する事になり、なかなか難しいのが現状です。

今後の対応

キャッシュの件もいつものように一時的なものであれば良いのですが、恒久的にこうなるのであれば、そもそもTwitter検索の意味が無くなるのではないか、と感じています。

取得の方法としては他にもアプローチは考えられるのですが、公式検索サイトも存在する今となっては、あれこれ対応して続ける意味があるのかなーと思案したりもします。

# まあ公式は日本語の検索がイマイチですが。。。

というわけで、しばらくはご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。:-D

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):2

NoName 08-10-23 (木) 3:31

Twitterコメントを非公開にしたのですが、Googleキャッシュにtwitter.1×1.jpが表示されてしまい困っています。
キャッシュを消えるのは待つしかないでしょうか?

shinbara 08-10-27 (月) 22:19

Googleのキャッシュについては消えるのを待つしか
無いです。。。

Twitter検索で保持している発言については、
・ユーザID
・削除したい発言
をメールで連絡頂ければ削除致しますので。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2008/08/twitter_public_timeline_0807.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
[Twitter検索] public_timeline APIの仕様が変わっている件 from Shin x blog

Home > twitter | Webサービス > [Twitter検索] public_timeline APIの仕様が変わっている件

検索
フィード
メタ情報

Return to page top