Home > CakePHP | event > CakePHPカンファレンス東京で司会してきました

CakePHPカンファレンス東京で司会してきました

この記事の所要時間: 527

cake
Photo by Kiryu Tsukimiya

CakePHPカンファレンス東京が無事に終了しました。
参加された皆さん本当にお疲れ様でした。

今回は司会役ということでなかなか貴重な経験ができました。

カンファレンス自体の詳細なレポートは皆さんが書かれていますので、司会者の立場から見た感想を書きます。

まず率直な感想ですが、本当に楽しかったです!

素晴らしい発表を檀上袖から見ることができたのも貴重でしたし、参加された皆さんの反応を見ることができたのも良かったです。

発表の合間の司会でポロっと言ったコメントに反応してもらったり、開発に使うテキストエディタ(環境)アンケートを取ってみたりと「対話」ができたのが楽しかったです。

150名くらいの前で司会をするのはもちろん初めてのことだったのですが、反省点はありつつも、とても楽しめました。また何人かの方に懇親会等々で「楽しかったよ」と言って頂けたのは何よりの収穫でした。

1点やってみて分かった事が、テンションの上げ下げというか気持ちのコントロール(というと大げさですが)が意外と難しいかったです。

人前で話すのは基本緊張するのですが、話が乗ってきたり、場の雰囲気に馴染めてくると、まだ話したい気分になってきます。しかしそこは司会ですので進行する必要があるわけです(当たり前ですが)。

次に発表が始まると聞く立場になって色々と思考を巡らしながら発表を聞きます。で、話すテンションが冷め切ったくらいに発表が終わって、また司会として話すわけです。

この気持ちの持って行きようを上手くやりくりするのが意外と大変なんだな、とやってみて初めて感じました。これまでやってこられた方々には頭が下がる思いです。

あとは反省点を。

ようは事前準備不足ということなのですが、ペラ1 で良いので台本を用意しとけば良かったです。

スタッフ用スケジュール表はすずきさんが用意してくれていたのですが、司会用を自分で用意しておくべきでした。

ゆるい感じで進めていたので、ひどいとちりや間違いは無かったと(自分では)思っているのですが、言い忘れや説明不足が結構ありました。都度気がついたスタッフからサインを送ってもらってフォローして貰いました。(ホント助かりました:-D)

特に質疑応答については開始前に説明しておけば良かったかな、と思います。

日頃からこういった会に参加している人は発表後に質疑応答の時間があるというのは認識しているとは思うのですが、初参加の人にとっては流れが分かりづらいところだったかな、と反省しています。質疑応答がある事が分かっていれば、発表を聞きながら質問を考えることできたかなと思うと、もう少し丁寧にフォローしとくべきでしたね。

あと些細な事ですが自己紹介をしておけば良かったです。おそらく大多数の人は「おまえ誰?」状態だったかと思います。。。

次の機会があるかどうかは分かりませんが、今後に生かしていきたいと思います。

さて今回は司会ということでずっと進行に気がいって、いささか内容に集中できていない箇所もあったのですが、以下、発表についてのメモです。

国内でのCakePHPの利用状況について

  • Garrett氏を日本に招くという大仕事をやってのけた安藤さん
  • CakePHPの特徴と国内のCakePHP史が簡潔にまとまってました
  • 安藤さんのプレゼン資料はそのまま現場でも使えてしまいますね。これはホントに有り難い!:-D

Agileな開発現場での実践例

  • テストと言えばこの方、岸田さん
  • いつもながら自分にとってはど真ん中ストライクなテストの話
  • 現場から出てきたお話なのでかなり参考になります
  • テストにかかる工数は開発コードの約半分
  • でも結合テストや運用・改修を考えると十分にコストは回収できる
  • あとFWのバージョンアップをする時の影響をテストで判断できる
    => これは大事!

Garrett J Woodworth氏 招待講演

  • CakePHPプロジェクトマネージャのGarrett氏と通訳の堂園さん
  • 具体的なTipsというよりCakePHP、コミュニティの考え方を伝える
  • 舞台袖から見て、国内のCakePHPのイベントでGarrettが話していることに密かに感動
  • 1.2はRC4を経てstableリリースへ
  • 1.3はPHP4も対応
  • 2.0はPHP5 Only
  • の予定らしい:-D
  • TODO: ircにjoinする
  • 堂園さんの通訳はさすがでした!

XoopsCubeなのにCakePHPを使う!

  • いつもクールビューティなhaltさん
  • XOOPS CubeのモジュールをCakePHPで作る
  • ベースモジュールが公開されている
  • CakePHPでアドオンが作れるメソッドは他にも広がるかも(海外でも何かあったような。。。)
  • こういうパターンでFWが使われるのはCakePHPならではのような
  • XOOPS Cube自体の実装が(いろんな意味で)気になるけど。。。

ライトニングトーク

  • どのLTもレベルが高くて、とても興味深い!
  • 正直5分じゃなくて、もっと聞きたかった:-D
  • 今後の勉強会で是非発表をお願いします!

神業の会場撤去(皆さんご協力ありがとうございました!)そのまま懇親会へ。

懇親会

  • 会場が広い!その辺の結婚式の2次会よりも確実に広い!
  • いちおう司会役だったのですが、Garrettとすずきさんにおんぶにだっこでした。。
  • サプライズCakeにはアイドルの撮影会並にカメラが集まってきてました:-D
  • 献本頂いたCakePHPガイドブックにGarrettのサインをして貰った人が!(羨ましい)
  • 話の内容は例によって書けない事多数。
  • 名刺交換させて頂いた方々からは「楽しかったよ」と言って頂けて本当に良かったです!

今回は前日の会食を含めて色々な事を経験させて貰いました。Garrettの発表でも触れられていましたが、本当にコミュニティって素晴らしいなと感じました。今後もどんどん参加していきたいと思います。

最後になりますが、本カンファレンスに対して様々なご支援を頂いた企業の皆様、はるばる日本までお越し頂いたGarrett氏、そしてカンファレンスにオンライン・オフライン問わず参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした!!

CakePHPカンファレンス東京

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):2

shun 08-10-27 (月) 10:10

場の空気を読んだ絶妙な司会、どうもありがとうございました!
さすがshinさんだと感心してばかりでした。お疲れ様です。

shinbara 08-10-27 (月) 12:27

shunさん:
素晴らしい通訳ありがとうございました&お疲れ様でした!
大仕事をさらっとやってのけるのは、本当にかっこいいです。

懇親会でもお話できて嬉しかったです。
また是非一緒にやりましょうー!

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2008/10/event_cakephp_conference_tokyo_2008_report.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
CakePHPカンファレンス東京で司会してきました from Shin x blog

Home > CakePHP | event > CakePHPカンファレンス東京で司会してきました

検索
フィード
メタ情報

Return to page top