Home > PHP > さよならPHP

さよならPHP

  • 2011-04-01 (金) 0:10
  • PHP
この記事の所要時間: 324
このエントリはエイプリルフールに掲載した空想のお話です。
僕は今日もきっとPHPと一緒です。

君と出会ったのはいつだったかな。

あらためてそんなことを思い出すこともないくらいいつも一緒にいるね。

そう僕らはいつも一緒にいるんだ。

あれはまさにITバブル真っ盛りの2000年。僕はWebでシステムを作ることを夢見てパートナーを探していた。

誰がいたかな、ああ真珠に良く似た名前の子もいたし、蛇みたいな子もいた。

赤い宝石みたいな子はその時はあまり見かけなかったかな。

そんな中に君がいたんだ。

僕らはすぐに意気投合した。一緒に色んなWebシステムを作り上げてきたね。

今だからいうけど、実は君の$は嫌いだったんだ。

はじめは、もうあれを見ると生理的にダメだった。真珠っちもそこがイマイチだったんだよな。

でも「あばたもえくぼ」とは良く言ったもので一緒にいる時間が長くなると、そんなことは気にならなくなった。

いつしか変数入力しようとすると、とっさに左親指がshiftキーに動くようになった。

おかげでたまに他の子と遊ぶ時もついつい$を打ってしまうよ。

人って慣れていくもんだね。

僕は知ってるよ。

今でこそ他の子たちと付き合ってるやつらから、やいのやいのとやっかみを言われてるけど、あの頃は違った。

あの頃は、これからのWebシステム言語として君が注目されていたのを。

実際、僕も君と付き合っていたおかげで色んな人に声をかけられたものさ。

自分のことを褒められているわけじゃないけど、なんだか嬉しかったよ。

もちろん分かってるさ。結局大事なのは言語じゃなくて、それを使う人自身だってことは。

でもその時は君といるだけで、周りの見る目は違ったんだ。

いつの頃からだろう、周りの目が変わったのは。

時は流れて、状況は変わっていく。それは当たり前のこと。特に進化が早いって言われてるWebの世界ではね。

もちろん君も変わっていった。他の子の良いところをどんどん取り入れようと努力していたね。

オブジェクト指向、アクセス制御子、例外、そして最近は、名前空間にクロージャかな。

でも、そんななりふり構わずどん欲に他の子の良いところを取り込んでいく姿勢が反感を買ってしまったのかな。

最近のWebを見ると、君のことを蔑むような発言が多くなった。

もちろん、最初はそんなこと気にしてなかったよ。

arrayばかり書かされるだの、引数の順番に統一性が無いだの、後付けオブジェクト指向だの色々言われても、そんなこと気にしてなかった。

もちろん気になるところはあったけど、僕らはあの手この手で上手くやってきたしね。

でも、いつしかその発言は君と一緒にいる僕らにも向けられるようになった。

謂われのない誹謗中傷。

君と一緒にいる僕らは人それぞれ違うのに、なぜか一緒にされる。

ラベル付けされて、攻撃される。。。

分かってるよ。僕らの間で何かがあったわけじゃない。そう、多分僕らはこれからも上手くやっていけるよ。

でも、

でも、

でも、

僕はもう限界なんだ。。。。。。。。。

こんなこと言うと君はなんて言うかな。

いつもみたいに「Notice: Undefined variable」って言うかな。

怒って「Fatal error !」って言うかも。

ああ、あきれて「Parse error: syntax error」かな。

君が悪いんじゃない。僕が負けたんだ。

君のことはずっと忘れない。

でも、ちゃんと言わせて。今日、そう今日しか言えないんだ。

「さよならPHP」

via. Big Sky :: さよならIE6たん

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):1

anon 11-04-01 (金) 5:30

そうですか。
遂にshinbaraさんもPHPから離れるときが来ましたか。
悲しいですが、これも運命。
他人の心を縛ることは出来ません。
さようなら。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2011/04/good_bye_php.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
さよならPHP from Shin x blog

Home > PHP > さよならPHP

検索
フィード
メタ情報

Return to page top