Home > CakePHP | PHP > CakePHP array-based Active Record

CakePHP array-based Active Record

この記事の所要時間: 138

NYPHPにて行われたCakePHPプレゼンのレビュー記事です。

Last night at the monthly NYPHP meeting, Nate Abele presented an introduction to CakePHP, a web application framework.

Chris Shiflett: CakePHP Visits New York (2006-09-28)

CakePHPの特徴が簡潔に書かれていて興味深い内容なのですが、以下の一文にピクッときました。

Cake has an array-based Active Record implementation.

私が初めてCakePHPを触った時に感じた印象(違和感)がまさにこれでした。うーん、ぴったりの表現です。

Cakeを初めて触る方はこれを頭にいれておけばすんなり入れるかと思います。

 

エントリのコメントを見るとプレゼンを行ったnateからこの件についてコメントがありました。

(1) The reason we decided to go with an array-based approach to ActiveRecord had to do with PHP4, but it also has a lot to do with the fact that even in PHP5, the array support, (i.e. all the great things you can do with arrays really simply) still outweigh PHP’s ability to manipulate objects.

配列ならシンプルだし、オブジェクトより速いでしょ。という事ですね。まあこれはこれでアリですね。

Pocket

follow us in feedly

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2006/09/cakephp_array_based_ar.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
CakePHP array-based Active Record from Shin x blog
pingback from 【PHP】フレームワーク CakePHP 15ホール目【v2.2】 151-200 | PHPの話題 13-07-15 (月) 5:03

[…] http://www.1×1.jp/blog/2006/09/cakephp_array_based_ar.html […]

Home > CakePHP | PHP > CakePHP array-based Active Record

検索
フィード
メタ情報

Return to page top