Home > iPhone/iPad | PHP > iPadでPHP開発ができるか試してみた

iPadでPHP開発ができるか試してみた

この記事の所要時間: 439

ついにiPadが日本でも発売になりました。早速入手できたので色々と触ってみました。

使ってみた印象としては「大きくなったiPhone」ですね。操作はiPhoneまんまなのですが、A4プロセッサのおかげか軽快に動作します。またソフトキーボードがかなり改良されていて特に日本語についてはPCのキーボードっぽく入力できます。

とはいえ、やはりMacBookほど多機能ではないので、立ち位置としては見た目どおりiPhone以上MacBook未満という印象です。

そんなiPadで購入前に気になっていたのが、「iPadで開発ができるか?」という点です。もしこれができるなら MacBookは事務所に置いてまま外出先や家ではiPadでこなせるのではと企んでいました。

そこでiPadでPHPが書けるか試してみました。

キーボード

ソフトウェアキーボード

冒頭でも触れたとおり、iPad搭載のソフトウェアキーボードはiPhoneのものと比べると格段に良くなっています。画面拡大によりキーピッチがひろがったおかげで英字だけならPCのキーボード感覚で入力できます。

ただ数字や記号を入力しようとするとキーボード画面の切り替えが必要となります。この切り替えが結構手間でした。

さらに物理的にキーに触れるわけではないのでミスタイプが多くなりがちです。(これは慣れもありますが)

外付けキーボード(App Wireless Keyboard)

ソフトウェアキーボードの欠点を解消すべくBluethoothで接続できるApple Wireless Keyboard (US) MC184LL/Aを購入しました。

さすがにPC用のキーボードだけあって、入力の不満は一切なくなりました。

欠点を一点挙げるなら外付けキーボードだと画面から手が離れるので、画面をタップしたい時やアプリを切り替えたい時に、手を画面まで持っていかないといけないことですね。PCでもマウスを触るのでキーボードから手が離れるのですが、マウスと画面では手を動かす距離が異なるのと、command+tab のようにキーボードだけで画面を切り替えることができないので、そこは慣れが必要です。

あと細かいことですが、キーバインドの変更ができないので、「A」の左のcaps lockをctrlに変更できないのも気になりますね。おかげでCTRLのつもりでcaps lockを押してしまいイラっとなることがしばしばあります><

とはいえ、やはり外付けキーボードの入力のしやすさは格段に良く、ソースコードを書く事自体は何とかなりそうです。

開発環境

ソースコードを書く事ができても実行する環境が無いと開発できません。

iPad自体にPHPの実行環境をインストールできれば一番良いのですが、残念ながらそれはできません。そこでSSHでサーバにログインして開発する方法を試してみました。

iSSH for iPad

SSHクライアントアプリです。

パスワード認証だけでなく公開鍵認証も可能な優れものものです。

ssh-keygenによりキーペアを生成することができ、生成した公開鍵をメールで送信する機能もあります(サーバ側で公開鍵を設定する必要があるので、これは地味に便利)。もちろん既にある秘密鍵をインポートする機能もあります。

そんなiSSHのiPad版ということで期待が膨らみます。早速iPadからサーバにログインしてみました。

バッチリログインできています。もちろんlsやfreeなどコマンドも動作しています。

ログインしてしまえばこっちのものです。次にvimでCakePHPのソースを開いてみました。

おおーいけますね。もちろんカーソル操作も編集もできます。

ただ少しばかり編集しだすと壁にぶちあたりました。

なんとiSSHでは外付けキーボードから、ESC、CTRL、TAB、といった特殊キーが入力できないのです。

画面上部には特殊キーが入力できるようにボタンが用意されているのですが、画面をタップする必要があり、毎回それをやるのはかなり面倒です。うーん、これはツライ。。。

CTRLやTABがキーボードから入力できないのはシェル上でも同じで、CTRLを使った操作や TABによる補完なども毎度画面をタップする必要があります。

ちなみに他のアプリではTABやCTRLが効くので、これはiSSHの問題ですね。

他にも日本語表示が若干おかしい、パフォーマンスが遅いなどの問題点があります。このあたりも実際に開発するなら厳しいところですね。

[「iSSH for iPad」をiTunes Storeで開く ]

現状では厳しいかと

試してみた感想としては、入力するという行為については、外付けキーボードを使えばかなりいけます。実はこのエントリの原文はiPadで書いているのですが、日本語をがしがし書いていく分にはそれほど問題ありません。

あとはSSH環境の問題で、現状はサーバにログインした後に面倒な操作を強いられます。もちろん緊急時にサーバに入ってメンテするくらいは問題ないのですが、エディタを起動してバリバリソースを書くというにはまだ厳しいですね。

ただ、これはあくまで現時点での話で、今後はアプリが改善されるかもしれませんし、別のアプリがが登場するかもしれません。さらにiPadのOSも新バージョンが秋に登場する予定です。

そう遠くない時期にiPadで開発ができる日が来ることを期待したいです。

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):1

通りすがり 10-05-30 (日) 13:53

これは真面目なアソビですね。

トラックバック:3

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2010/05/php_coding_on_ipad.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
iPadでPHP開発ができるか試してみた from Shin x blog
pingback from iPadでPHP開発ができるか試してみた | Shin x blog | とっても! ちゅどん(雑記帳) 10-05-30 (日) 7:06

[…] iPadでPHP開発ができるか試してみた | Shin x blog […]

pingback from links for 2010-05-30 « 個人的な雑記 10-05-31 (月) 7:07

[…] iPadでPHP開発ができるか試してみた | Shin x blog (tags: ipad) […]

pingback from iPadでプログラミングとメモ環境 | ひげろぐ 11-03-06 (日) 13:25

[…] iPadでPHP開発ができるか試してみた – Shin x blog 2011年3月6日 iPhone/iPad   […]

Home > iPhone/iPad | PHP > iPadでPHP開発ができるか試してみた

検索
フィード
メタ情報

Return to page top