Home > mac | 開発環境 > 古くなったMacPortsを再インストール

古くなったMacPortsを再インストール

この記事の所要時間: 418

古くなったMacPortsを再インストールしました。

macports

2年程前にインストールしたMacPorts。これまでもたまに selfupdate していた気はするのですが、久しぶりに selfupdate & upgrade outdated したらエラーで止まりまくりだったので、ここで心機一転再インストールしてみました。

1. MacPortsを削除

インストールしていた MacPorts を削除します。

/opt/local がそのまま残っていると、新しいMacPortsからソフトをインストールした際にエラーになる場合があるので、リネームしておきます。ここでは、/opt/local 以下の設定ファイルやデータを再利用したいのでリネームしていますが、不要であれば削除でも問題無いです。

$ sudo port deactivate active
$ sudo port -f uninstall installed
$ sudo port clean all
$ sudo rm -rf /Library/Tcl/macports1.0
$ sudo mv /opt/local /opt/local.old

2. 新しいMacPortsをインストール

macports.org から最新の MacPorts パッケージをダウンロードしてインストールします。

macports_1

The MacPorts Project — Download & Installation

3. 最新版に更新

念のため最新版に更新しておきます。

$ sudo port selfupdate
$ sudo port upgrade outdated

4. 定期的に更新

今後はちゃんと更新するようにcronに設定しておきます。

$ sudo crontab -l
10 9 * * 3  /opt/local/bin/port selfupdate
20 9 * * 3  /opt/local/bin/port upgrade outdated

5. もろもろインストール

あとはお好みで必要なソフトをインストールしていきます。下記はおなじみApache+PHP+PostgreSQL/MySQL環境。

$ sudo port install apache2
$ sudo port install postgresql84-server mysql5-server
$ sudo port install php5 php5-curl php5-gettext php5-mbstring php5-mcrypt php5-mysql php5-openssl php5-postgresql php5-xdebug 
$ sudo port install wget git-core

Mac起動時にデーモンが立ち上がるように設定します。

$ sudo port load apache2
$ sudo port load postgresql84-server
$ sudo port load mysql5-server

各サービスを手動で起動、終了するコマンド。

# 起動
$ sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.*.plist
# 終了
$ sudo launchctl unload -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.*.plist

必要であれば、以前の環境から設定ファイルやデータを移行します。

$ sudo cp -a /opt/local.old/etc/php5/php.ini /opt/local/etc/php5/php.ini
$ sudo cp -a /opt/local.old/apache2/conf/httpd.conf /opt/local/apache2/conf/
$ sudo cp -a /opt/local.old/apache2/conf/extra/httpd-vhosts.conf /opt/local/apache2/conf/extra/
$ sudo cp -a /opt/local.old/var/db/postgresql84/defaultdb /opt/local/var/db/postgresql84/

MacPortsが楽

一時homebrewをMacPortsの代わりに使ってみたりもしましたが、個人的にはやっぱり対応しているソフト、バージョンが多いMacPortsの方が便利でした。(まあインストールが遅いというのは確かにそうなんですけどね。)

環境が新しくなると気持ち良いですね。あーすっきり:D

参考

Macports の再インストール – Hidde’s Tips
HowTo/UseMacPorts – MacPortsWiki-JP

Pocket

follow us in feedly

コメント (Close):2

slywalker 11-06-15 (水) 12:29

これも定期的にやっとくと幸せになれます
$ sudo port clean –all installed
$ sudo port -f uninstall inactive

shinbara 11-06-15 (水) 13:00

crontabに入れときましたー

> $ sudo port clean –all installed

$ sudo port clean –-all installed
ですね。(ハイフン二つ)

トラックバック:3

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2011/06/macports_reinstall.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
古くなったMacPortsを再インストール from Shin x blog
pingback from Mac Lionにmacportsを再インストールした — 気ままにWeb 12-05-11 (金) 13:54

[…] http://d.hatena.ne.jp/ihiro81/20110809/1312872339 http://blog.milds.net/2011/08/mac-ports.html http://www.1×1.jp/blog/2011/06/macports_reinstall.html […]

pingback from いたやん » Blog Archive » MacPortsをMac OS X Lionにインストールする手順 12-05-17 (木) 14:49

[…] 古くなったMacPortsを再インストール – Shin x blog Mac OS X(Snow Leopard)のMacPortsでApache2, PHP5, MySQL5をインストールし直した – […]

pingback from [mac]Mac Portsでgitをインストール。コマンド補完と、ターミナルでブランチ名を表示するまで | HappyQuality 12-10-29 (月) 3:08

[…] 古くなったMacPortsを再インストール – Shin x blog […]

Home > mac | 開発環境 > 古くなったMacPortsを再インストール

検索
フィード
メタ情報

Return to page top