Home > PHP > 現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す

現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す

  • 2011-06-30 (木) 1:40
  • PHP
この記事の所要時間: 217

現状のPHPはそのままで、新しい(別の)バージョンをPHP試す方法です。

PHP

PHP 5.4.0 alpha がリリースされました。Traits や Array dereferencing support など試してみたいですけど、さすがにメインのPHP環境を変えるのは早いですね。

そこで新しいPHPをビルドして、インストールはしない方法で試してみました。

PHP 5.4.0 alpha をビルド

qa.php.netから、PHPのソースをダウンロードします。

$ wget http://downloads.php.net/stas/php-5.4.0alpha1.tar.bz2

展開して、configureして、makeします。とりあえずコンパイルオプションはナシで。

$ tar jxvf php-5.4.0alpha1.tar.bz2
$ cd php-5.4.0alpha1
$ ./configure
$ make

通常はこの後、make install に続くわけですが、今回はインストールせずにPHP-5.4.0alphaを動かしたいので、そのままで。

PHP 5.4.0 alpha を実行

CLI版PHPバイナリは、sapi/cli/php にビルドされているので、これを実行すれば ok です。

$ ./sapi/cli/php -v
PHP 5.4.0alpha1 (cli) (built: Jun 29 2011 16:10:51) 
Copyright (c) 1997-2011 The PHP Group
Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2011 Zend Technologies

下記のようなソースで、Traits がさっくり動きます。

$ ./sapi/cli/php traits.php 
string(11) "TFoo::func1"
string(11) "TBar::func2"

手軽にお試し

別バージョンのPHPを同居させる方法としては、コンパイルオプションで –prefix を指定して、インストール先も変えるという方法もあります。

もちろんこの方法でも良いのですが、とりあえず新しいバージョンの機能を試してみたいというだけなら、このエントリの make install しない方法の方が手軽です。

今回ビルドしたPHPが不要になれば、ソースディレクトリごと削除するだけで良いです。

現状の環境には影響を与えず、手軽に新しいバージョンが試せるので、5.4 を触ってみて下さい。

Pocket

follow us in feedly

トラックバック:2

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2011/06/try_new_php_without_update_current_version.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す from Shin x blog
pingback from PHP 5.4 を試す – 40歳からのIT 11-07-14 (木) 10:14

[…] 以下のサイトを参考に、レオサーバーで、出来るかどうかを実行~ 「現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す」 […]

pingback from kichon's blog 11-07-30 (土) 13:33

[…] ・5分でわかる最近のPHP – 2011夏 ・現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す ・PHP懇親会に参加しました ・まつもと直伝 プログラミングのオキテ […]

Home > PHP > 現状のPHP環境はそのままで、PHP 5.4 を試す

検索
フィード
メタ情報

Return to page top