Home > 雑記 > 2012年は変化の年

2012年は変化の年

  • 2012-01-29 (日) 19:50
  • 雑記
この記事の所要時間: 320

気がつけば、もう1月が終わろうとしていますが、今年最初のエントリです。

昨年秋ごろから本業でバタバタとしていて、貧乏暇なしを体現するがごとく仕事に明け暮れていたら、気がついたら年が開けていました。

いちおうまだ1月なので、まずは昨年の振り返りを。

2011年

昨年も色々とあったのですが、イベント関連を振り返ると印象深かったのはやはりPHPカンファレンス関西を開催できたことです。

毎年、東京で行われているPHPカンファレンスのような大きなイベントを、地元関西でも開催したいという想いがずっとあったので、それが無事に実現できたことは大きな意味がありました。

このイベントを運営したスタッフが母体となって、Kansai PHP Users Group(kphpug)を立ち上げました。カンファレンスや勉強会といったPHPに関するイベントの開催を通じて、関西のPHPerが交流出来る場を作っていきたいと思います。

また、JAWS-UG大阪にスタッフとして関わるようになりました。あまりスタッフらしいことはしていませんが、これまで接することが無かった人たちと新たに交流できるようになりました。これも昨年の大きな変化でした。

2011年に参加したイベントを並べてみました。

こうして見ると、年初の「CakePHP勉強会」と「appengine ja night #13」以外は全て関西で開催されたものばかりです。関西が盛り上がるのは良いことですね。

2012年は「変化」の年

2012年は「変化」の年です。

これは個人的にというだけでなく、会社としても、この「変化」というキーワードを今年の目標に置いています。

1×1を個人事業ではじめて12年目、法人化して7期目に入っています。さらにこのblogを書きはじめて6年、OSSのコミュニティ活動に関わって5年が経ちました。

これまで多くの方々とのご縁のおかげでなんとかやってこれました。本当にありがとうございます。

現状維持だけを考えれば、ここ 1, 2 年は色々な面でこのままやっていけそうな感覚はあります。しかし 5年、10年というサイクルで見ると、このまま現状維持を目指していたのでは萎んでいくのが目に見えています。

もちろん、これまでも精一杯取り組んではきたのですが、そろそろそのアプローチを見直す時期に来ているのかなと感じています。これは数年前から薄々は感じていたのですが、昨年あたりからその感覚が強くなってきていて、いよいよ行動に移す、移さないといけない時が来ています。

実は昨年から少しづつ変化の兆しはありました。

一つ例をあげると、kphpug では @BiMihoujyunをはじめとする若いメンバーが中心となり「関西PHP初心者勉強会」というイベントを開催してくれるようになりました。これまでは自分や決まったメンバーが開催していたのですが、こうして若いメンバーが引っ張っていってくれるようになると、また違う盛り上がりをみせてきますね。

仕事面でもこういった変化の兆しは少しづつ見えていて、より先へ進もうとしています。

今年は、こういった変化の兆しを作る、そして実際に変化していく一年にしようと思います。

今年が終わった時に「あー結局、何にも変わらなかったね」ということだけにはならないようにやっていきますので、2012年もよろしくお願いします!

Pocket

follow us in feedly

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.1x1.jp/blog/2012/01/2011_summary_2012.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
2012年は変化の年 from Shin x blog

Home > 雑記 > 2012年は変化の年

検索
フィード
メタ情報

Return to page top